100年経っても、LOVEまつやま

公益社団法人松山青年会議所のホームページです。

活動報告

2011年7月23日(土)報告

全国会員大会主管立候補LOM現地調査及び対話集会



全国大会運営会議による2014年度第63回公益社団法人日本青年会議所全国会員大会主管立候補LOM現地調査及び対話集会が7月6日(水)に行われました。
全国各地より多くの全国大会運営会議のメンバーが松山の調査に来て頂き、松山が開催する全国大会の各会場施設を見て回りました。
最初に山の手ホテルにて開会のセレモニーが行われた後、来て頂いた方々に道後の街並みを徒歩にて見てもらいながら道後駅前よりバスに乗り込み各会場予定地へ向かいました。


まず愛媛県県民文化会館(各種会議・セレモニー・アワード予定場所)次に全日空ホテル(ヘッドクウォーター予定地)堀之内公園(大懇親会予定地)そして、愛媛県武道館(式典予定地)という流れで移動しました。また移動バスの中では、松山観光大使の3人が松山城を始め、松山に関する歴史やエピソードを色々説明して頂き、全運の皆様にはしっかりと松山らしさをプレゼンテーションすることが出来ました。
各会場視察後16時より、いで湯と文学の街を感じることが出来る道後の子規記念博物館にて対話集会が行われました。



会場には我々現役メンバーと共に松山JCシニアクラブの先輩方もお出迎えをして頂きました。この対話集会には四国地区会員会議所の本当に多くのメンバーが参集してくれました。 また中村知事、稲葉副市長の来賓からも松山のPRを頂きました。


そして多くのメンバーが見守る中多くの緊張感を伴い対話集会が開始・・・。今思えばあっという間でもありそして非常に長く感じた質疑応答でした。


全運のメンバーの真剣な質問と対応について、古川議長の厳しくも温かい総評について、そして鈴木名古屋大会実行委員長のエールを頂きまして本当にありがとうございました。
毎週月曜日に勉強会を重ね松山の益について、メンバーの益について、地域の益についてメンバー間で夜遅くまで話し合ったことは我々の力になったと思います。これからもまだまだ道のりは長いですがメンバー一丸となって頑張っていきたいと思います。どうぞ宜しくお願いします。

  • 活動報告一覧はこちら