100年経っても、LOVEまつやま

公益社団法人松山青年会議所のホームページです。

活動報告

2013年10月18日(金)例会報告

10月例会「松山の誇るべきたからについて考える」

1理事長挨拶 2司会 3講演 4講演模様 5クイズ 6クイズ② 7解説 8回答 9謝辞 10監事総評

 10月15日(火)、10月例会「松山の誇るべきたからについて考える」と題した10月例会を、松山市青少年センターにて、歴史文化委員会の担当で開催しました。2014年度の全国大会松山大会開催に向け、一人でも多くの全国のJCメンバーに松山にお越し頂くため、全国大会松山大会の魅力をPRしていかなければなりません。自信を持ってPRするためには、まずは自らの住み暮らす町について、誇りを持つ必要があります。そのために、10月例会では、愛媛・松山について数多くの書籍を上梓されているフリーライターの土井中照先生を講師にお招きし、「外から見た松山、内から見た松山」と題し講演いただきました。夏目漱石や司馬遼太郎といった偉人、著名人が外からどのように松山を見ていたか、また正岡子規や水野広徳といった松山出身の著名人が内からどのように松山を見ていたかを具体的に講演いただき、改めて松山の地域性やその類まれな素晴らしさに気付くことができました。講演の後は、「松山の誇るべきたからクイズ」と題し、映像にて3択クイズを10問出題しました。クイズは、松山城や道後温泉にまつわるものから、正岡子規や坂の上の雲にちなんだものまで用意しました。出席メンバーに起立頂き、間違えた時点で着席するというスタイルで、10問連続正解を目指しました。残念ながら全問正解者は出ませんでしたが、メンバーには、まだまだ、知らない松山の誇るべきたからがあると認識してもらうことができました。最後に、この例会運営を手伝ってくださった皆様に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。 歴史文化委員会副委員長 宮内健一郎
  • 活動報告一覧はこちら