活動報告

2012年11月28日(水)報告

全国大会 大会式典・卒業式報告



2012年10月13日(土)17時から北九州メディアドームにて公益社団法人日本青年会議所 第61回全国会員大会北九州大会 大会式典が開催されました。北九州出身の松本零士さんに因んでオープニングでは『銀河鉄道999』の映像と曲をバックに子供たちを中心としたダンスが披露されました。とてつもない大画面に銀河鉄道が走る映像に参加者は胸を躍らせました。そしてムービングライトが光り人気アーティストのライブのような演出で登場した北九州JCの小田 剛理事長による開会宣言では心からの歓迎を述べた後、北九州の公害を乗り越えた突き抜ける青空を誇って現状を説明し、大東亜戦争後の復興の原動力となったこの街と現代の東日本大震災での復興を重ね合わせJC運動の凄さと可能性を改めて説明し参加メンバーの意識が高めていただきました。来賓紹介・祝辞の後2012年の日本JC活動報告と会頭メインスピーチがありました。井川直樹会頭は、あなたがJCや仕事などで困ったときには日本JCもJCの4万名のメンバーもあなたの側にいるから必ず相談して下さいと激励していただきました。変わらないために変わるため我々は当たり前のことを粛々としなければならないと述べ、JC運動を最後まで諦めないで下さいと力強く話されました。次年度会頭候補者紹介とスピーチにプレジデンシャルリース伝達も行われ最後に大会の鍵の伝達で奈良へ引き継がれました。

その後卒業式では卒業予定者に岡本真夜さんから歌のプレゼントが贈られました。卒業生代表答辞では我が子との時間を犠牲にしてまでJC運動をしてきた苦悩の日々を伝え、我が子のためだけでなく未来の全ての子供たちのためにやってきたことは決して間違っていないと伝え、JC運動を託された我々への激励をして下さいました。利他の精神を持ち我々はJC運動を粛々としていかねばならないと改めて覚悟する機会となりました。卒業生の皆様、おめでとうございます。そして本当にありがとうございました。
  • 活動報告一覧はこちら

ページの先頭に戻る