活動報告

2012年11月28日(水)報告

日本JC第9回理事会 参加報告



2012年10月12日(金)北九州国際会議場にて公益社団法人日本青年会議所 第9回理事会が開催されました。松山JCからは30名以上のメンバーがオブザーブ参加をいたしました。この日の審議案件は40以上あり一切の妥協を排した会議は3時間半に及び日本JC出向者の実行力の高さと規模の大きさを感じさせられました。その審議の中には2014年度第63回全国会員大会 松山大会の開催日に関する件もあり2014年の10月9~12日で可決承認された後、帽子大輔理事長に発言の場も与えられました。その発言中には同志である副主幹のLOMメンバーの皆様方にも松山のメンバーと共に立ち上がっていただき、大変有り難くて感謝の気持ちが込み上げました。その他にも2015年度第64回全国会員大会の主管青年会議所が八戸JCに決定いたしました。その直前の最終プレゼンでは八戸JC・埼玉中央JC・広島JCがそれぞれ大会に向けての思いを説明しましたが、八戸JCの震災復興に向けての使命感の籠った力強いメッセージにより多くの方の心を動かした結果だと思います。各立候補LOM理事長の熱いメッセージを聞くと昨年の大野剛嗣直前理事長の一生懸命のプレゼンを思い出し、改めて我々も身の引き締まる思いとなりました。井川直樹会頭の挨拶では全国会員大会北九州大会の激励の他、全国緊急開催中の領土・領海フォーラムへの協力のお礼や日本JCが憲法草案を発表し新聞に取り上げられた話などありました。この憲法草案は日本JCのホームページからも閲覧可能となっています。ぜひご一読下さい。今回初めて理事会に参加した新入会員にとっては少々長い会議で驚いていた様子でしたが、多くのメンバーの意識が高揚し身の引き締まり学びのある理事会でした。
  • 活動報告一覧はこちら

ページの先頭に戻る