活動報告

2012年11月12日(月)報告

領土領海フォーラム報告



2012年10月1日(月)に、ひめぎんホール(愛媛県県民文化会館)メインホールで領土領海フォーラムが開催されました。これは公益社団法人日本青年会議所の事業である領土・領海意識醸成プログラムの一環で韓国の李明博大統領の島根県の竹島上陸や中国による沖縄県の尖閣諸島問題等により日本全国12会場において緊急に開催されています。その第一回目が松山開催ということで松山JCメンバーが動員と運営のお手伝いさせていただきました。

櫻井よしこ氏による基調講演では現政権の中に中国を刺激してはならないと信じている人がたくさんいると政府対応を批判し憲法改正の必要性を述べられました。その後のパネルディスカッションでは東海大学海洋学部教授の山田吉彦氏と元海上保安官の一色正春氏をパネリストに迎え日本JC領土・領海委員会の井之上大和委員長をコーディネーターとして開催されました。調査によると、この国の国境を正確に答えられる人は約3%しかいない現状を述べて危惧し様々な領土問題に関する正確な情報を話していただきました。来場者は約1500名と市民の方々の関心も高く帰り際に感謝と激励の言葉を数多くいただきました。そして後の10月12日には日本JCより憲法草案が発表され新聞に取り上げられました。 

2012年10月1日(月)に、ひめぎんホール(愛媛県県民文化会館)メインホールで領土領海フォーラムが開催されました。これは公益社団法人日本青年会議所の事業である領土・領海意識醸成プログラムの一環で韓国の李明博大統領の島根県の竹島上陸や中国による沖縄県の尖閣諸島問題等により日本全国12会場において緊急に開催されています。その第一回目が松山開催ということで松山JCメンバーが動員と運営のお手伝いさせていただきました。


櫻井よしこ氏による基調講演では現政権の中に中国を刺激してはならないと信じている人がたくさんいると政府対応を批判し憲法改正の必要性を述べられました。その後のパネルディスカッションでは東海大学海洋学部教授の山田吉彦氏と元海上保安官の一色正春氏をパネリストに迎え日本JC領土・領海委員会の井之上大和委員長をコーディネーターとして開催されました。調査によると、この国の国境を正確に答えられる人は約3%しかいない現状を述べて危惧し様々な領土問題に関する正確な情報を話していただきました。来場者は約1500名と市民の方々の関心も高く帰り際に感謝と激励の言葉を数多くいただきました。そして後の10月12日には日本JCより憲法草案が発表され新聞に取り上げられました。
  • 活動報告一覧はこちら

ページの先頭に戻る