第5回 ことばを送る基金事業 「まつやまの魅力を詰め込んだことば」で歌を作ろう

第5回 ことばを送る基金事業 「まつやまの魅力を詰め込んだことば」で歌を作ろう

募集要項

後援
愛媛新聞社(ウイークリーえひめリック)・株式会社えひめリビング新聞社・タウン情報まつやま
応募期間
2018年5月9日(水)~2018年6月17日(日)
募集内容

まつやまの歴史・叙景・想い出・未来など、まつやまの魅力が詰まったフレーズまたは、まつやまのたからが連想できる「ことば」を募集します。
〇1フレーズ20文字以内を目安にお願いします。
〇応募は何点でも可能です。
【例】「だいすきまつやま」「道後温泉」「情緒ある」など

応募資格

まつやま市民及びまつやまを愛し、まつやまにゆかりのある方。

応募方法

※FAXで応募の方
まつやまの魅力を詰め込んだことば応募用紙ダウンロード
FAX:089-943-0149
①応募用紙に必要事項をご記入後、公益社団法人松山青年会議所事務局にFAXしてください。
②公益社団法人松山青年会議所ホームページから応募用紙をダウンロードし必要事項をご記入後、事務局に
 FAXしてください。

※インターネットで応募の方
まつやまの魅力を詰め込んだことば応募申込フォーム
③応募申込フォームにアクセスし必要事項をご記入後、送信してください。

注意事項

〇幅広い年代がわかりやすい「ことば」を使用してください。
〇「ことば」は一部修正する場合があります。
〇漢字には全てフリガナをふってください。
〇第三者の権利侵害にならないように注意してください。
〇作詞は応募いただいた「ことば」を専門家が編纂し歌詞として完成させていただきます。
〇完成された歌詞の作詞は吉本 歌世氏、作曲・編曲は越智 俊二郎氏に依頼します。
〇完成された歌詞の著作権は、公益社団法人松山青年会議所に帰属します。

採用作品発表について
7月中旬に公益社団法人松山青年会議所ホームページ内にて採用させていただいた「ことば」を発表させていただきます。
※ご応募いただいた全ての「ことば」も合わせて公表させていただきます。
活用方法
第35回まつやま市民シンポジウム記念事業「まつやま市民映画」の挿入歌として使用します。
お問い合わせ先
〒790-0067 愛媛県松山市大手町2丁目5ー7 松山商工会館4F
公益社団法人松山青年会議所 広報戦略会議 議長 秦 健太
電話番号:089-941-0194 / FAX:089-943-0149 / メール:kotoba2018@gmail.com

ページの先頭に戻る